口コミで話題のプエラリア【サプリのスペシャル効果】

乳酸菌で大腸がんを予防

薬剤

悪玉菌を減らす効果

大腸内の悪玉菌は、脂質やたんぱく質をエサに増えていきます。現在ではこれらを食事で多く摂取する人が増えているため、大腸内で悪玉菌が活発になっている人もまた、増えてきています。悪玉菌の影響が強いと、便が排出されにくくなります。そして大腸内の便が硬く大きくなることで、大腸にはポリープができやすくなります。さらにそのポリープが、大腸がんとなってしまうこともあります。そのため現在では、大腸がんを発症する人も急増しているのです。しかし悪玉菌は、乳酸菌サプリを飲むことで減っていきます。なぜなら乳酸菌サプリを飲むと、脂質やたんぱく質が便としてスピーディに排出されるようになるからです。つまり乳酸菌サプリには、大腸がんの予防効果があると言えるのです。

脂質とたんぱく質の摂取

ただし、いくら乳酸菌サプリを飲んでも、頻繁に多くの脂質やたんぱく質を摂取していると、結局悪玉菌は増えやすくなってしまいます。便として排出される前に、新たに脂質やたんぱく質が大腸内に入ってくるからです。そのためしっかりと悪玉菌を減らすには、乳酸菌サプリを飲むだけでなく、脂質やたんぱく質の摂取量を減らすことも肝心となるのです。もちろん脂質もたんぱく質も、体にとっては必要なエネルギーです。そのため完全に摂取を断つと、かえって体は不健康な状態になっていきます。逆に言えば、体に必要とされる量をオーバーしないように摂取すれば、健康状態が保たれやすいということです。食生活を見直して、なおかつ乳酸菌サプリを飲んでいれば、増えすぎた悪玉菌はどんどん減っていきます。それにより、大腸がんの発症リスクも減少していくのです。